名雪 佳一郎 名雪 佳一郎
Interview 04

サービス―受託分析およびWEB立会い分析

フィールドソリューション事業部
サービス企画推進本部 R&D推進部
受託グループ 主務
名雪 桂一郞

  • 名雪 佳一郎1
  • 名雪 佳一郎2

アウトソーシングのニーズに対応
TEMによるWEB立会い分析

近年、工業製品部材の微細化に伴い、より微小スケールでの材料解析が必要になっている。ハイエンドTEM(透過電子顕微鏡)は、ナノレベル領域の可視化や分析で、その要求に応えることができる装置だ。しかしながらユーザーにとっては機器が高額なだけでなく、オペレーターの育成も必要となる。そこで、日本電子ではアウトソーシングのニーズに対応して、ハイエンドTEMを含む電子顕微鏡群を利用した受託分析を進めている。また、最近ではネット通信によるWEB立会い分析サービスの提供も開始した。

名雪 佳一郎1
名雪 佳一郎2

ナノレベルの分析が必要

工業製品の微細化が進む現在、材料のナノレベルでの構造・状態は、部材全体に大きな影響を及ぼす要因であり、より詳細な観察・分析が必要となっている。
TEMは、薄片化したサンプルに電子線を照射し、透過した電子線を影絵のように観察する装置だ。特に近年脚光を浴びる収差補正装置を搭載したハイエンドTEMでは、原子レベルでの観察・分析が可能となっている。
TEMの受託分析を担当する名雪は、「お客様の材料においても、ナノレベルでの解析を求められる機会が増えてきた。」と感じている。新たな材料開発へ繋げるため、ナノレベルでのメカニズム解明が期待されている。とはいえ、ユーザーにとって、ハイエンドTEMを購入することは容易ではない。装置が比較的高価であるだけでなく、それを設置する室内の環境整備や、オペレーターの人材育成も必要となるためだ。

アウトソーシングのニーズが高まる

「守秘性や研究スピードを考えると、身近にアクセスできる装置で、お客様自身がご利用頂くのが良いとは思います。それでも装置の購入コストや、購入後の維持管理、人材育成コストのため、公共施設や民間の受託サービス等、アウトソーシングの利用も増えていると感じています。」
日本電子では、これまでも受託分析サービスを提供してきたが、アウトソーシングニーズの高まりを受け、受託グループを新たに立ち上げ、本格的に取り組み始めた。電子顕微鏡メーカーの受託分析ということもあり、普段、電子顕微鏡に馴染みの薄いお客様からも多くの依頼を頂いている。また、装置・アタッチメント購入前のデータ蓄積としての利用も見られ、様々なニーズに応えている。
日本電子が提供する受託分析の強みは、電子顕微鏡を中心とする装置群から、お客様のニーズに合ったサービスを提供できること。さらに、「環境観察」のような、実験的な内容にも積極的に対応していることだ。
ナノレベルで分析するだけでなく、実際の使用環境下に近い状態で材料の変化を確かめるため、電子顕微鏡内でサンプルを加熱・冷却したり、ガスや液体中で観察する要求も近年高まってきている。「電子顕微鏡を通して観る世界に、私もお客様と共に感動しています。」と名雪は言う。

Webを用いたTEM立会い観察

さらに、他社がまだあまり手がけていないのが、2016年から始めたインターネットを使った「WEB立会い分析」である。これまでの立会い観察では、日本電子まで出向く必要があったが、WEB立会い分析では、サンプルを事前に送付すれば、自社にいながら観察・分析ができる。
同時に、オペレーターに指示を出したり、ディスカッションもできるので、電子顕微鏡の側で観察するのと同様に、効率的に分析を進めることができる。
また、利用客側に人数の制限はなく、関係者が複数で参加することもあるという。
「WEB立会い分析では、観察しながらお客様側で議論が始まることもあります。一刻を争う開発案件での情報共有に、一役買っているのではないでしょうか。」
立会い分析では、1日の所定時間を自由に使えるとはいえ、安くはない費用がかかるので、「お客様が考察できるような結果を出したいと思っています。」と名雪は言う。
限られた時間を有効に使うためには、事前の打ち合わせが重要となる。
「技術的に難しい案件では、打ち合わせのため、先方にうかがうこともあります。お客様が求めている課題解決のため、どの順序や内容で観察を進めていくかを話し合い、整理する必要があります。すぐには解決できないような内容であっても、必要な技術を構築し、お客様の悩みを解決できれば我々の価値があると思っています。」

材料や製品開発の最前線を実感

相応の費用はかかるが、日本電子の受託分析はリピート客が多いと言う。
「最近は、観察が難しいサンプルも増えていますが、それは材料・製品開発の最前線にいるお客様の解析ニーズに向き合えているかだと思っています。」 数年先のビジョンとして、名雪は電子顕微鏡の自動化に少しでも貢献したいと考えている。
「多くのお客様は、装置にサンプルを入れたら、複雑な操作なく目的のデータが得られることを求めておられます。受託分析で直面するお客様の自動化ニーズを装置開発にフィードバックできればいいですね。」
これからの夢としては、「受託分析を通じて、もっとたくさんのお客様に電子顕微鏡を使っていただきたい。」と言う。
「お客様の中には、電子顕微鏡はハードルが高いと感じられる方もおられます。また、装置はあるものの、うまくデータが出ないというケースもあります。まずは我々がお客様の手足となってデータを取得し、徐々に電子顕微鏡の世界に引き込みたいと思っています。」
電子顕微鏡の可能性を利用者とともに見つけていきたい、と名雪は考えている。

The Professionals
“70年目の転進”を担う
プロフェッショナル